もし、任意整理をしたとしても、たいしたデメリットなどな

もし、任意整理をしたとしても、たいしたデメリットなどないと考えがちですが、実際にはあるということをご存知ですか。
それは官報に載るということです。



つまりは、みんなに知られてしまう可能性があるということになります。

これが、任意整理というものの、最大のデメリットだということになるかもしれません。


任意整理が終わってから、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などからのキャッシングを申し込んだとしても、審査のタイミングで受かりません。

一度でも信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が消されるまでには5~10年の歳月が必要ですので、その後になればキャッシングが可能です。任意整理をした後、任意整理の打ち合わせをした業者に借り入れすることは無理になります。



でも、任意整理が終わった後、様々なところから借りた借金を返しきったら、5から10年ほどすれば、信用情報機関に、書き記された情報が消滅しますので、その後は借金することが不可能でなくなります。複数の金融機関からの借入や2つ以上のカードローンをしている月毎の返済が大きくなり経済的な足かせになってしまう場合に債務整理で借金をすべてすべてを集めて一本化することで毎月の返済額を相当額少なくすることができるという大きな利点があるといえます。自己破産は特に資産がない人だと、簡単な手続きで終わりますが、弁護士にお願いしないと手続きを一人でするのはかなり困難です。


自己破産にかかるお金は平均で、全部で20~80万円程度と高額ですが、この費用は借金でまかなえませんので、きちんと手元にある状態で相談しなければなりません。



債務をまとめると一言で言っても多くの種類があるのです。個人再生とか特定調停、個人返済不能や過払い金請求など色々です。

どれも特徴が違うので私にはどの選択がベストなのかということは専門家のアドバイスを受けて決定するのがいいと考えます。
数日前、債務整理のうち自己破産という方法を選択し、無事に処理を終えました。

いつも感じていた返済出来かねる、さらに遅くなったらどうなるんだという不安から解き放たれて、心が本当に軽くなりました。



これなら、もっと早く債務整理するべきでした。


任意整理を依頼する費用の相場ってどの位なんだろうと思ってググって調べてみた経験があります。

私には大きな額の借金があって任意整理を希望したいと思ったからです。任意整理にかかるお金には幅があって、相談する場所次第でバラバラだという事が明確になりました。

債務整理をしたことの記録は、ある程度の期間残ります。



この情報が保持されている期間は、借金が不可能です。


情報は何年かで消えますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。
債務整理を行う際に必要な費用というのは、やり方によって大きく差が出てきます。
任意整理の時のように、1社ずつ安い料金で利用することができる方法もあるものの、自己破産する際のように、とても高い金額を必要とすることもあります。

自ら出費を確かめることも必要です。